スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
3・12(月)~3・19(月) 上海・内モンゴル旅行 1
土日のバイト先にコーさんという内モンゴル出身
の女性がいた(今はもう辞めている)。
コーさんが内モンゴルに遊びに来ないか?と誘
ってくれたので、喜んで行くことにした。


【3・12(月)】
7:45起床
8:15出発

今回の旅を振り返ると、初日の朝が最大のピンチ
だった。
間違えて女性専用車両に乗ってしまったことでは
ない(途中で女性しかいない事に気付いた)。
9:50東京駅発→茨城空港行の関東鉄道のバスに
乗るために余裕をもって9:30に東京駅に着いたの
だが、バス停の場所を確認してこなかったため危
うく乗り遅れるところだった(私が乗ってすぐ出発し
た)。ちなみに八重洲南口だった。
このバスに乗り遅れていたら、当然飛行機にも乗
れず、コーさんに多大な迷惑をかけるところだった。

20120312_125859_convert_20120322080124.jpg
茨城空港で春秋航空の飛行機に乗る。
1ヶ月以上前から予約していたので、上海までの往復
運賃は2.2万ほどだった。
時期によっては往復1万で行けるようだ。

20120312_164738_convert_20120322080204.jpg
約2.5時間で上海の浦東国際空港へ到着。
とにかく広い。

コーさんがお兄さんと一緒に出迎えてくれた。

20120312_172050_convert_20120322080240.jpg
「帰国する時はここをまっすぐ行って下さい」
とコーさんに言われ、何気なくこの写真を撮
ったのだが、最終日、ホントに役に立った。

さっそく3人で空港内で食事をすることに。
お兄さんは日本語がわからないので、コー
さんが通訳してくれた。
とにかく仲がいい兄妹という印象。

20120312_173919_convert_20120322080308.jpg
ブルース・リーのお店?
このチェーン店は上海で何度か見かけた。
けっこうおいしかった。

そのあと、タクシーで1時間くらいかけて宿泊
するホテルへ。
ここの地名は忘れてしまったが、翌日会った
シュさんに言わせると、東京では上野のよう
な場所とのこと。少し危ない場所って意味で。

20120312_194101_convert_20120322081100.jpg

20120312_194159_convert_20120322081129.jpg
いい部屋!でも一人でこの部屋はちと寂しい!

20120312_214523_convert_20120322081257.jpg
夜、ホテルのすぐ近くに3人で食事に。
少し辛くてうまかった。

20120312_221721_convert_20120322081503.jpg
帰り際、夜食を買った。
今回の旅行中の元のレートは約13円。
この夜食はたしか8元だったので、100円
くらい。安っ!
基本的に上海の物価は日本に比べると
非常に安いと感じた。
しかし、コンビニなどで妙な価格設定の物
もあったので、のちほど書く。

20120312_222001_convert_20120322081534.jpg
マーケットの番組を見たり、映画『ロッキー2』
を観たりしながら眠りについた。



【3・13(火)】
7:30頃起床
(滞在中はほぼ7~8時くらいに起床)

ホテルの近くのケンタッキーで三人で食事
20120313_101024_convert_20120322160111.jpg


この日はコーさん兄妹が、上海にいる親戚に
二人で会いに行った。
私のことも気遣ってくれ、シュさんという友人
をホテルに呼んで、彼女が一日かけて上海を
案内してくれることとなった。
このシュさん、どこかで見たことがあると思っ
たら、土日のバイト先に4年間もいたとのこと。
なので、日本語も上手だった。
最初の2時間くらい、シュさんの知り合いという
大阪出身の50代の女性も加わって、食事をし
たあと、足裏マッサージに行った。

20120313_125202_convert_20120322155519.jpg
行列のできる料理店。おいしかった。

20120313_143317_convert_20120322155639.jpg
マッサージ店。70分で35元(450円!)。
店内は薄暗く、写真を撮れる雰囲気ではなかった。

20120313_144545_convert_20120322155754.jpg
正直なところ、上海のどのへんを見て回ってるの
か、さっぱりわからなかった。
二人に言わせると、建物などがドンドン新しくなり
、古き良き上海の街並みがなくなりつつあるとの
こと。

20120313_151258_convert_20120322155552.jpg
この景色は『ザ・ノンフィクション』の傑作の
一つ「上海リベンジ」で見たことがあった。

20120313_154531_convert_20120322155713.jpg
少し脇道に入るとこんな風景が!
血が騒いだ!(ウソ)

このあと、バスに乗ったりしていろんな所を案内
してもらった。
シュさんを見てて、非常に感心したのは、スマホ
を使いこなしていたことだ。
LINEでスペインにいる友人とコンタクトをとったり
していた。
私も使いこなせるようになりたいものだ。

この夜、シュさんはホテルまで私を送ってくれた
のだが、終電に間に合わずタクシーで実家に帰
ったそうだ。



【3・14(水)】

午前中はホテルのバイキングで3人で朝食を
とったりして、わりとのんびりすごした。

昼、ホテルをチェックアウトして、3人で空港へ。
国内線でコーさんの実家のある内モンゴル
向う。

20120314_123443_convert_20120322163115.jpg

飛行機の出発が遅れてるとのことで、空港内を
一人でぶらぶら。

20120314_131400_convert_20120322163803.jpg
ショップにて一期一会写真。

飛行機に乗り、2時間ほどで到着。
ちなみに、茨城→上海の機内では食事が出なかっ
たが、上海→内モンゴルの機内では食事が出たの
で、けっこう快適であった。

空港からタクシーでコーさんの実家へ向う。

20120314_180350_convert_20120322163912.jpg
すっごく道が広い。
気になったこと。内モンゴル滞在中、けっこう目
にしたのが、建設中のビル。
だが、明らかに建設中ではあるのだが、実際に
工事をしている所を全く見ることがなかった。
工事の途中で投げ出してしまったような印象を
受けた。

18時頃、コーさんの実家に到着。
ご両親にご挨拶したあと、さっそく水ギョ-ザを
たらふく頂いた。
あと、エリちゃんという4歳のとってもカワイイ女
の子がいて、終始楽しませてくれた。

この日は22時頃には寝たと思う。


【3・15(木)】

やはり、内モンゴルと言えば、チンギス・カン
てことで、この日は昼前から、チンギス・カン
のお墓を見に行った。
コーさん、ご両親、エリちゃん、お父さんの友
達(運転係)といっしょに。
たしか、片道3時間くらいかかった。
向ってる最中に雪が降り出した。

20120315_105230_convert_20120322163951.jpg
高速の休憩所のトイレ。
さすがに恥かしくて大はできない!

20120315_150112_convert_20120323164318.jpg
モンゴル民族の料理がでるレストランで。
ちなみに内モンゴルのミルクティーは塩
が入っているのか、少ししょっぱかった。

20120315_150320_convert_20120323164349.jpg
モンゴル民族の衣装を着たレストランの
お姉さんと。
このお二人が、本当にモンゴル民族かど
うかは知らない。

20120315_152408_convert_20120323164417.jpg

20120315_152814_convert_20120323164545.jpg
雪が降る中、傘をささずに見てたので、正直
言って「早く建物の中に入りたい!」って心境
だった。
ただ、建物の中は撮影禁止だった。

20120315_160550_convert_20120323164623.jpg
この馬に、お父さんとエリちゃんが追いかけら
れて、お父さんが必死に威嚇してた。

このあと、車でオルドス(Ordos)市という所へ
行った。なんでも、お父さんの知り合いのホテ
ルがあるとかで、そこに宿泊するため。

この夜は、お父さん、運転手さんと3人で同部
屋だったため、中国語がしゃべれない私はけ
っこう気詰まりだった。
03/20 02:36 | 未分類
template design by takamu
Copyright © 2006 hossy All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。